素敵な明日へ〜転職応援サイト

仕事が合わない!苦痛で仕方ない職場にいるのは人生の負け組

sugita
WRITER
 
仕事が合わない!苦痛で仕方ない職場にいるのは人生の負け組
この記事を書いている人 - WRITER -
sugita

仕事が合わない!

 

もう、毎日が苦痛で仕方ない!

 

こう思った人は、今の現状を知って、 上手にこの場を去りましょう。

 

正直、合わない仕事をして、無駄に苦痛な毎日を過ごすのなら、いさぎよく新しい道を見つけて、やりがいのある楽しい仕事をした方がいいです。

 

転職が何のためにあるのか?

 

それは自分にあった仕事を見つけるためです。

 

そこを知って、 人生を楽しく生きましょう。

 

仕事が合わないと感じてしまう理由は何?

仕事が合わないと感じてしまう理由は何?

人それぞれですが、仕事が合わないと感じる状況というのはいろいろあります。それでは、ここではそれぞれの状況を紹介します。

 

仕事が自分に適合しない

仕事の合う合わないは、 人それぞれが持っている個性に通じる部分でもあります。

 

この仕事をしていても、

  • 全く楽しくない
  • やる意味がわからない
  • 何も得られない
  • ただただ苦痛

といった何も感じない職種も人によってはあるのです。

 

つまり、 自分に全く適合していない職種です。

 

しかし、そういう仕事があっても普通の事なんです。

 

趣味だって、自分の好きなものは続きますが、嫌いなものは続きません。

 

それが仕事だった場合、 嫌いな仕事なんてものは続かないのです。

 

本来、仕事は続けることに意味があります。

 

その継続さえも難しくなっていくのが、自分に合っていない仕事なんです。

 

会社の体質が合わない

会社には、 企業理念があります。

 

もともと、入社する時にそこに惹かれて入った人もいるはずです。

 

しかし、 実際入ってみたら、企業理念はうわべだけで、実際の職場はそれとは程遠いもの。そういった経験をした人もいるはずです。

 

基本的に、そういった企業理念はすでに崩壊しています。そして、職場も改善されないことが多いのです。

 

こういった、企業理念と違った、 本来の会社の体質が見えてくると、自分に合わないと感じることがあります。

 

どんなに頑張っても職場で評価されない

仕事をやる熱意があって、常に先陣を切って 頑張っている社員が全く報われない。

 

そんな、 全く評価されない職場での仕事は苦痛でしかありません。

 

組織の中では、常に年功序列が評価され、頑張った新人には目もくれない職場も結構あります。

 

そういった、意味のわからない独自ルールに縛られている職場は、 正直頑張ったものだけがバカを見ます。

 

そういった職場環境で、 熱意があり仕事を前向きにこなす人は、やることなすこと全て評価されないので、苦痛であり、やりがいもありません。

 

そのため、全く合わない職場になります。

 

職場の人間関係が合わない

仕事をする上で、職場の人間関係も大事です。

 

それは、 会社の体質と人間関係には密接な関係があるからです。

 

人間関係は、その会社に染まった人たちで構成されています。つまり、 自ずと会社の独自ルールが浸透しているのです。

 

会社として、 「人間関係もこうあるべきだ」といった暗黙の雰囲気を作っています。そのため、 職場の雰囲気が、自分に合わないと感じたら、人間関係もこじれる可能性があるんです。

 

そのため、そもそも会社の雰囲気や、人間関係が合わない職場もあるのです。

 

そもそもやりたい仕事ではない

学校を卒業して、何となく給料が良くて入ったけれど、実際自分のやりたい仕事ではない。

 

初めの頃は、給料が多くて満足できたものの、仕事をやっていくうちに、本来やりたい仕事ではないため、仕事や自分自身に疑問を持ち始めます。

 

何か普段から、 モヤモヤしながら仕事している状態が続きます。

 

これは、完全に心が仕事から離れています。そのため、 本当にやりたい仕事を目標にして、転職することを考えましょう。

 

「仕事が合わない」と思ったらすぐ辞めるべき理由

「仕事が合わない」と思ったらすぐ辞めるべき理由

この世の中、たくさんの仕事が存在します。

 

そして、 仕事の合う合わないという判断のもとに、仕事を自分なりに精査していくのが普通です。

 

考えてみてください!

 

はじめて就職した時に、 何を基準に仕事を選びましたか?

 

例えば、

  • 給料がいいところ
  • やりがいのある仕事
  • 自分にあった仕事

このような基準で仕事決めたと思います。

 

しかし、この3つが全て揃う会社はなかなかありません。そのため、この中で最優先にした基準があるはずなんです。

 

でも、実際に勤めてみたら、 「自分の思い描いた会社とは違った」と思うことも多々あります。

 

そういった場合、 退職して、他の仕事に就くことも全然ありなんです。

 

ちなみに、給料が少なくても、生活が出来て、満足する仕事ならやっていけます。やりがいがなくても、自分に合っている仕事であれば自ずとやりがいに繋がります。

 

しかし、自分に合わない仕事を続ける事は、給料が多くても、やりがいがあっても、苦痛になります。

 

なぜなら、合っていないからです。

 

合っていない事をやり続ける事ほど、人生で損な事はありません。

 

そもそも、個性が多種多様であるように、仕事も多種多様です。

 

必ず、自分に合った仕事はどこかに転がっています。

 

合わない仕事をして無駄な人生を送るくらいなら、今すぐ退職して、自分に合った新しい仕事につきましょう。

 

【仕事が合わない予備軍】仕事の不満であれば踏みとどまるべき理由

【仕事が合わない予備軍】仕事の不満であれば踏みとどまるべき理由

仕事に不満はあるけど、苦痛ではない。

 

そういった、 不満であれば、まだ職場に踏みとどまって、職場の改善や仕事のやり方を変えてみましょう。

 

いくらでも改善の余地があるはずです。

 

そもそも、全く仕事が合わなくて、苦痛で仕方ない場合は、本質的に合わない仕事ですが、 職場の不満の場合は、まだ軽症です。

 

そのため、不満で仕事を辞めてしまって後悔することも実際にあります。

 

しかし、

  • 仕事が合わない
  • 仕事の不満

この違いが良くわかりませんよね。

 

大きな違いとしては、 しっかりと自己分析して、職場に向き合ってみた経験があるかないかの違いです。

 

結局、職場におけるわだかまりは不満から始まります。

 

その不満を解消することもしないまま、そこで心が折れて仕事を辞めるというのは、あまりにも判断が早すぎます。

 

そもそも、あなた自身が会社をしっかり理解しているわけではないんです。

 

仕事の不満に改善策を見出さないまま、仕事を辞めてしまう人は、どの会社に行ってもすぐに辞めてしまいます。

 

だからこそ、 仕事の不満だけでは、仕事を辞める理由にならないのです。

 

仕事が合わない!苦痛!と思ったらすぐ行動しよう【人生勝ち組の法則】

仕事が合わない!苦痛!と思ったらすぐ行動しよう【人生勝ち組の法則】

仕事が合わないと思ったら、とにかく すぐにアクションを起こしましょう。

 

すぐに動ける人は、 勝ち組です。

 

意外に多いのが、 ここで行動を起こさずにズルズル嫌な仕事を続ける人です。

 

この人は、 負け組です。

 

結果的に、

  • 人生を無駄にする人
  • 人生を楽しく生きる人

はここで大きく分かれます。

 

世界はもっと広く、絶対的に視野を広げた方が、楽しい未来が待っているからです。

 

何も行動しなければ何にも変わりません!

 

しかし、行動すれば、結果がついてきます。失敗してもいいんです。それは経験です。何より、 行動する人は、いくらでも挽回できます。

 

一度きりの人生を、

  • つまらない人生を送るのか?
  • 楽しい人生を送るのか?

本当にここの差で、人生の勝ち組は決まってしまいます。

 

まとめ

仕事が合わない!苦痛!なんて嘆いている暇があれば、すぐに行動を起こしましょう。

 

その時間は、限りなく無駄であり、人生を損しています。

 

時間は有限であり、一度きりの人生の時間も決まっているわけです。

 

その中で、どれだけ楽しく、やり尽くして後悔のない人生を送るか!今すぐあなた自身が決めるべきことなんです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
sugita

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 転職コミット , 2019 All Rights Reserved.