素敵な明日へ〜転職応援サイト

ハローワークの求人票の見方【賃金の落とし穴】後悔を未然に防ぐ

sugita
WRITER
 
ハローワークの求人票の見方【賃金の落とし穴】後悔を未然に防ぐ
この記事を書いている人 - WRITER -
sugita

ハローワークの求人票の見方には、注意が必要です!

 

賃金が良いから、給料がいいわけではありません!

 

求人票を見る度に、うまくごまかしていると思ってしまうくらいに、ちゃんと見ないと、実際に入社して、 手取りの給料が少ないなんてオチに繋がります。

 

会社の内容を知って、書類選考を通って、面接に受かって、ようやく手に入れた職で、給料が少なくて退社なんて事にならないように注意しましょう。

 

それでは、 ハローワークの求人票の正しい賃金の見方を説明していきます。

 

【ハローワークの求人票】賃金の見方には3つある

【ハローワークの求人票】賃金の見方には3つある

ハローワークの求人票を見るとわかりますが、 賃金はa・b・cの3つに区別されています。それぞれに意味があって、内容も違うので注意しましょう。

 

【a表示】基本給とは?

ここに、基本給が載っていますが、その金額を そのまま鵜呑みにしてはいけません。

 

この基本給には、内訳があります。それが、 月額換算・月平均労働日数です。この内訳を知ると、給料の安い高いがわかります。

 

月額換算は?

月額換算は、いわゆる 月給と同じです。

 

そのため、本当にシンプルな月の給料です。つまり、 税金を差し引く前であり、手当が含まれていないものです。

 

なので、ここの時点では、実際の手取り給料は全くわからない状態です。

 

月平均労働日数は?

月平均労働日数は、 月に出勤する平均的な日数です。

 

ここも注意が必要です。

 

実際に、求人票の休日欄には土日休みと書いてありながら、実際に月平均労働日数が、25日近くある場合は、ほぼ土曜日出勤の可能性があります。

 

そのため、出勤日数が多くて、月給も多ければ、その分単純に働いているのでもらって当たり前と考えられます。

 

高い基本給を選ぶ方法

ハローワークの求人票の賃金には、月平均労働日数と月給が載っているので、 給料を日数で割ってあげましょう。

 

そうすると、 1日あたりの給料が出ます。

 

そうすれば、 出勤日数に左右されずに、純粋に給料高い低いがわかります。

 

そのため、日給(日割り換算)でいろんな会社を比較することが大事です。基本給の高いところがわかります。

 

例をあげて説明します。

基本給(月額換算・月平均労働日数20日)
200,000円〜250,000円

最低月給200,000円を20日で割ります。そうすると、 日給が10,000円になります。

 

基本給(月額換算・月平均労働日数22日)
200,000円〜250,000円

最低月給200,000円を22日で割ります。そうすると、 日給が9,090円になります。つまり、約9,000円になります。

 

月給が同じなのに、日数が違うと、日給は約1,000円も違うのです。

 

かなり大きいですよね。

 

【b表示】定期的に支払われる手当とは?

b表示のところの書き方も様々です。

 

ここでは、

  • 住宅手当
  • 交替手当
  • 車両手当
  • 職能手当
  • リフト手当

など、様々な手当があります。

 

正直、会社によって全然違います。かなり自由に書き入れている状態なので、 実際にb欄とc欄の区別がないような状態です。

 

例えば、住宅手当をb欄に書いている会社もあれば、c欄に書いている会社もあります。

 

このように、わかりにくい手当の表記ですが、実はこの手当がすごく大事なんです。

 

実際に、 月給に手当が含まれたものを月収と言いますが、手当が多ければ基本給は高くなってきます。

 

そのため、 a表示で基本給が少なくても、b表示で手当が多ければ、給料は高いことになります。

 

いわゆる、 福利厚生ですね。

 

福利厚生が充実している会社は、手当で税金をまかなえてしまうこともあるため、基本給がそのまま手取り給料になる場合もあるのです。

 

【c表示】その他の手当等とは?

ここは、賃金における特記事項なので、自由です。そのため、この記載をしっかり読んでおきましょう。

 

思いがけない手当がある場合もあります。

 

実際に、 「基本給が安いけど、この手当のおかげでかなり給料が良くなった」という事例もあります。

 

また逆に、 固定残業という表記がある場合は要注意です。

 

すでに、たくさんの残業を見越している会社の場合は、初めから基本給に、数時間の残業分を入れている場合があります。

 

例えば、固定残業40時間と書かれていたら、すでに40時間分の残業代を基本給に入れています。

 

つまり、この状態で、基本給が250,000円でも、40時間の残業分が入っているので、実際は基本給200,000円とそれほど大差ないことになります。

 

そのため、 固定残業で基本給を多く見せている会社もあるので、注意してください。

 

給料を考えるのなら賃金以外も確認しよう

給料を考えるのなら賃金以外も確認しよう

実は、給料をどれくらいもらえるのか考えている場合は、ハローワーク求人票の賃金だけを見るのは間違っています。

 

必ず、総合賃金で比較しましょう。

 

基本給という一定の賃金だけではなく、昇給や賞与を絶対に見てください。

 

昇給の見方

基本給が多くても、昇給がなかったら、未来がありません。

 

役職についたりすれば、給料UPが見込めますが、それ以外では 給料は一切上がりません。

 

そのため、給料が増える楽しみが全くありません。

 

また、何より自分自身の生活は変化していきます。子供が大きくなって進学すれば、今よりさらにお金が必要になります。

 

その中で、 給料UPがない場合は、生活は苦しくなっていく一方です。

 

そのため、 よほど生活に余裕がない限り、昇給無しの会社は選ばない方が良いと思います。

 

また、 昇給の範囲も重要です。

 

例えば、 0〜5000円/月という表示であれば、その範囲での昇給ですが、会社の業績を理由に0円が続く可能性があります。

 

つまり、一切給料が上がらないという事態も考えられるのです。もしそうなっても、昇給で最初から提示しているので、会社に非はありません。

 

そのため、最悪の場合、昇給が見込めない可能性も出てくるのです。

 

しかし、 1000〜5000円/月という表示であれば、最低でも1000円の昇給が発生します。

 

そのため、会社の業績に関わらず、給料UPが見込めるのです。

 

つまり、 昇給の有無も肝心ですが、昇給の範囲で0円からではないことも重要なポイントです。

 

いわば、会社都合で昇給0円が続けば、昇給がないのと同じことです。

 

なので、昇給を見込むのであれば、最低額を確認しておきましょう。

 

賞与(ボーナス)の見方

賞与は、いわゆるボーナスです。

 

賞与は、

  • 年何回あるのか?
  • 計何ヶ月分なのか?

の表記が主になっています。

 

ここで見るべきところは、計何ヶ月のところです。計何ヶ月というところは、賞与の回数にかかわらず、年に何ヶ月分の賞与があるのかという意味です。

 

つまり、 年2回の賞与で、計2ヶ月分となれば、1回で支払われる賞与は1ヶ月分ということになります。

 

そのため、絶対に計何ヶ月分で見ることです。

 

計何ヶ月分の表記が多いほど、ボーナスが良いことになります。

 

逆に、年何回だけで見てしまうと、年3回と書かれていた場合、お得に感じてしまいます。

 

しかし、年3回で、計2ヶ月分と書かれていると、正直少ないことがわかりますよね。

 

ただ、単純に少ないボーナスを3回で分割しただけになります。なので、1回分のボーナスが少ないことになるのんです。

 

【結論】賃金が多いから給料が高いわけではない話

【結論】賃金が多いから給料が高いわけではない話

今までの説明をまとめると、ハローワークの求人票の賃金が多いから給料が良いとはなりません。

 

なので、注意が必要です。

 

失敗しない賃金の見方【まとめ】
  • 基本給は、月給ではなく日給で見ること
  • 福利厚生の良さを見ること(手当の充実度)
  • 固定残業の表記には要注意
  • 昇給のあるものを選ぶこと
  • 昇給の最低額が0円でないものを選ぶこと
  • 賞与のあるものを選ぶこと
  • 賞与は、計何ヶ月分なのか確認すること
  • 最終的に、基本給・手当・賞与を含めた年収で確認すること

 

このように、ハローワークの求人票の賃金を見ても、たくさんの見方があります。

 

そのため、しっかりとした見方で間違わない就職をしましょう。

 

実際に入社して、手取りの給料が少なかったら、自分たちの生活にも直接影響してきます。

 

だから、 賃金の見方を間違わないように注意しましょう。

 

まとめ

ハローワークの求人票の賃金の見方だけでも、たくさんあることがわかりましたか?

 

とにかく、ややこしくなっています。

 

会社によって、賃金の見せ方が違うので、全く統一感がありません。

 

これをしっかり整理しないと、本当に高くて良質な会社には出会えません。

 

そのため、求人票を簡単に鵜呑みにせずに、 給料を自分自身で見積もることがとても大事です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
sugita

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 転職コミット , 2019 All Rights Reserved.