素敵な明日へ〜転職応援サイト

【仕事が辛い】涙が出るほど悩んでいるなら正しい逃げ方を実践!

sugita
WRITER
 
【仕事が辛い】涙が出るほど悩んでいるなら正しい逃げ方を実践!
この記事を書いている人 - WRITER -
sugita

仕事が辛い!

 

涙が止まらない!

 

こんな状態の人は、 すぐにでも仕事を休んで、現実から逃げてください!

 

このまま辛い状態を続けたら、精神疾患を患い、長期にわたる苦痛を自分に与えることになります。

 

何より、仕事なんてどうでもいいですよ!

 

一番大事なのは、あなたです!

 

そして、 仕事を休んだって、仕事を辞めたって、健康であればいつでも社会復帰はできます。

 

自分の身の回りにも、いくらでも現実逃避した人はいます。無断欠勤で、仕事を1週間休んだ人だっています。その人は、職場を異動になって今でも普通に働いていますよ。

 

また、会社に居たくない人は、仕事を辞めた人もいます。

 

実は、そういう人って本当に多いんですよ。

 

それでは、 仕事が辛い!涙が出る!そんな人をサポートする記事を書いていきます。

 

涙が出るほど仕事が辛くなったらどうしたらいい?

涙が出るほど仕事が辛くなったらどうしたらいい?

仕事が辛くなったら、どうしますか?

 

きっと、

  • 我慢して辛い仕事を続ける
  • 休みを取ってリフレッシュする
  • 会社を辞める

といった色々な手段があります。

 

しかし、仕事が辛くて涙を流す人は、きっと頑張りすぎて、辛い仕事を我慢してやってきた人だと思います。

 

程よく、ストレス発散して、休日でリフレッシュできる人は、きっと泣くまではいかんないんです。

 

でも、 涙が出るほど頑張る人は、基本的に自分に厳しいんです。

 

そのため、 上手にストレス発散ができない人に多いんです。

 

だから、自分を必要以上に追い詰めてしまいます。

 

でも、 正直仕事なんてどうでもいいんですよ!

 

自分に厳しくするだけの価値もないんです。例えば、それによって自分が苦しくて、体調を崩すくらいなら、そんな仕事はいりません。

 

それが、自分の好きな仕事であってもです。

 

その答えは、 あなたがなぜ今の仕事をしているのか?そこにあるかもしれません。

 

きっと、

  • 生活のため、家族のためにお金がいる
  • 将来の夢のために今の仕事が必要

そういった気持ちがあると思います。

 

しかし、仕事が辛くて体調を崩したら、

  • 今よりもっとお金がかかる
  • 将来の夢も叶わなくなる

そういった悲しい結末を迎えるかもしれません。

 

今我慢して仕事したほうがいいのか?今無理する必要がないのか?リスク回避を行うべきです。

 

今無理することで、全てを台無しにするリスクもあるってことを知っておきましょう。

 

だから、 辛ければ逃げればいいんです!

 

逃げるのは、将来への架け橋です。

 

ちょっと遠回りするだけです。ただそれだけのこと!

 

もしかして、逃げることは悪いことって思っていませんか?

 

きっと真面目な人は、逃げることは仕事放棄とみなして、悪い行いと位置づけるかもしれませんが、そうではありません。

 

よく、 逃げるは勝ちと言いますよね!

 

正しい逃げ方をすれば、あなたは勝ち組なんですよ!そもそも、そこの考えに至らないまま、自分の世界で自分を苦しめている人が多すぎるんです。

 

そうじゃないんです。

 

何より、仕事が辛くて、精神疾患を患ってしまったら、本当に取り返しがつきませんよ。

 

涙が出るほど悩んでいる場合は体にも異変がでる?

涙が出るほど悩んでいる場合は体にも異変がでる?

仕事が辛くて、涙が出る人は、すでに自分の気持ちでコントロールできるところにいません。つまり、かなり危険なところまで来ています。

 

さらに、そのうち気持ちだけではなく、体にも異変をきたす症状が現れ始めます。

 

慢性的な不眠・だるさ(自律神経失調症)

仕事が辛いと思えるほどの、過度なストレスを長期的に受けていると、自律神経のバランスが崩れます。

 

そうすることで、

  • 不眠
  • だるさ
  • 動悸
  • ほてり
  • 耳鳴り

などの症状を起こします。

 

個人差があり、様々ですが、生活に支障をきたす症状もあり、一度かかってしまうと、回復も難しくなります。

 

慢性的な喉の不快症状・頭痛(ヒステリー球)

ストレスを過剰に感じたり、ストレスを発散できずに抱えていると、交感神経が作用して、首の締め付け感を覚えます。

 

ひどくなると、

  • 息苦しさ
  • 頭痛

を伴います。

 

ちなみに、自分も長らくヒステリー球に苦しめられました。まずは、自分自身のストレスが何か?原因を掴んで、そこを少しずつ改善することで良くなりました。

 

慢性的な腹痛・下痢(過敏性腸症候群)

ストレスによって、腸の動きを悪くさせるのが過敏性腸症候群です。

 

これには、

  • お腹の不快感
  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘

などの症状があります。

 

ストレスホルモンが直接的に腸に影響するため、近年仕事のストレスを抱える若い世代にも増えています。

 

特に病気でもないのに、最近お腹の調子がおかしい人は、ストレスの可能性もあります。

 

うつ病

仕事が辛い!その後、うつ病発症!こういうパターンがとても多いです。

 

それくらいに、 仕事が起因する代表的な精神疾患です。

 

うつ病になると、

  • 極度の不安感
  • 生きる希望をなくす
  • やる気の喪失
  • 不眠
  • 食欲減退
  • 動悸
  • 疲労感

などがあり、特に大きいのが精神的ショックです。

 

生きる希望をなくす中で、死を考える人も出てきます。それくらいに、うつ病は重い病気です。

 

仕事が辛い時の7つのケア

仕事が辛い時の7つのケア

 

家族に仕事の辛さを打ち明ける

仕事が辛くなってしまっても、1人で抱え込んではいけません。1人で考えていると、深い悩みになっていくだけです。

 

仕事から帰れば家族がいます。 ちょっと嫌味ったらしい言い方をしてきたとしても、家族はあなたの味方です。

 

あまり話したくなくても、一度真剣に相談してみましょう。

 

辛さは1人で抱えるものではなく、共有するものです。誰かが聞いてくれて、愚痴ることができれば少しは楽になります。

 

また、家族が新しい発想をくれるかもしれません。1人で考えても解決しないものは他人の力を借りましょう。

 

思わぬ成果が得られるかもしれませんよ。

 

仕事の辛さを共有できる同僚と話す

きっと仕事する上で、 同じ境遇の同僚がいるはずです。

 

もし話したことがなかったら、勇気をもって話してみましょう。意外に、その人も同じ悩みを抱えて、涙を流しているかもしれません。

 

仕事の辛さは、仕事の同僚と愚痴りあって、発散するのが一番です。

 

正直、仕事は愚痴らないとやっていけません。それくらいに、苦痛なものなのです。だからこそ、同じ気持ちを共有できる同僚は、一番の話仲間になれるはずなんです。

 

休日はとことん趣味に没頭する

本来、 仕事のストレスをプライベートで発散するのが望ましいです。

 

人は、辛いことの連続では、心を壊してしまいます。

 

仕事とプライベートをうまく使い分けてこそ、生活が豊かになるんです。

 

どんなに仕事がきつくても、休日に趣味で思いっきりストレス発散している人は、それなりに仕事も続きます。

 

そのため、本当に自分が好きな趣味を見つけて、没頭してみましょう。

 

簡単なマインドフルネスを実践してみる

いわゆる瞑想のようなものですが、今だけを意識するといった 脳をリフレッシュさせる方法です。

 

要するに、人は生きていく中でいろんな不安や悩みを抱えて生きています。それは、とてつもなく労力がいることであり、計り知れないストレスを自分に与えています。

 

ですが、そういったものを全て忘れて今だけを意識するといったものです。

 

正直、マインドフルネスをがっつりやるのは大変ですが、 目をつぶって数分間、自分の呼吸だけを意識して、それ以外を無にすることはすぐにでも出来ます。

 

マインドフルネスを実践して、脳をリフレッシュさせて、気持ちの解放を行なってみるのも良いと思います。

 

ちなみに、 最近ではうつ病の治療・ビジネスでも広く使われるようになっています。

 

自分の悩みがどんなものか明確にする

意外に、仕事して、家に帰って、寝て、また仕事して、こういった一連の生活を続けていると、自分自身と向き合う時間がありません。

 

そのため、今どういった悩みを抱えていて、どう対処すべきか、そんなことをじっくり考えていないのです。

 

つまり、 なんとなく仕事が辛いといったぼんやりとした感情になっています。

 

そのため、まずは、自分自身と向き合って、悩みを書き出してみましょう。必ず解決の糸口が見えてきます。

 

人は、複雑になった悩みを解決に導くのは困難ですが、一度整理して明確になった悩みには解決が早いです。

 

まずは、自分を知ってみましょう。

 

思い切って仕事を休む

仕事が辛い時には、まず冷静になるためにも仕事を休みましょう。

 

仕事には有給休暇があります。休むのは権利です。何も、仕事に支障が出るとか、みんなに迷惑をかけるとか気にしなくていいです。

 

そういった休みは、みんなが同じように持っているものなので、お互いに補えばいいのです。

 

また、 「上司に休ませない!」と言われたとしても、そこまで強い権限は上司にはありません。だから、仕事のストレスで、自分が壊れてしまいそうなら、仕事を休んでください。

 

すでに、 自分自身が辛い目にあっている被害者です。

 

まずは、自分を優先させましょう。

 

仕事を辞めて転職する

最終手段でいいですが、 仕事が辛ければ辞めてしまえばいいだけのことです。

 

なんのために転職があるのか知っていますか?

 

自分にあった仕事を探すためです。 仕事は自分から選んでいけるのです。つまり、自分にあった楽しい仕事を見つけるための作業が、転職活動になるのです。

 

何も、辛い仕事を一生続ける必要はありません!

 

楽しめる仕事を探して、転職することは全然悪いことではありませんよ。どちらかというと、それが正常です。

 

泣きたい時は泣けばいい!仕事が辛くて泣く人はたくさんいるんだ

泣きたい時は泣けばいい!仕事が辛くて泣く人はたくさんいるんだ

仕事が辛くて泣くことは、全然恥ずかしくありません。

 

どちらかというと、かっこいい!

 

なにより、泣くことすら出来ない人もいるんです。素直に、心の声が涙になって表現されることって素敵だと思うんです。

 

中には、泣ける人を羨ましく思う人もいるくらいですよ。

 

それだけ、 素直に感情を表すってことは大事なんです。

 

しかも、それってすごく大事で、仕事についても、自分についても、ちゃんと考えている証拠です。色々考えて苦しかったから、頑張ってきたし、辛かったから感情的になったんです。

 

だから、泣ける時は、素直に泣いておけばいいんです。

 

しかも、泣いた後って、スッキリしますよね! 感情的に涙を流すと、自律神経のバランスを整える効果もあるようですよ。

 

まとめ

仕事が辛い!涙が出る!それって素敵なことなんです。

 

もっともわかりやすく、体が悲鳴をあげて自分に教えてくれたんです。

 

ぜひ、その声に耳を傾けて、休暇を取ったり、周りの人を頼ったりしながら、少しでも楽な生き方をしてください。

 

仕事が全てではありませんよ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
sugita

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 転職コミット , 2019 All Rights Reserved.