素敵な明日へ〜転職応援サイト

仕事のやる気がなくなった40代が続出!大きく揺らぐ3つの変化

sugita
WRITER
 
仕事のやる気がなくなった40代が続出!大きく揺らぐ3つの変化
この記事を書いている人 - WRITER -
sugita

仕事のやる気がなくなった40代が続出!

 

自分もその1人でした。

 

30代後半から仕事に対するやりがいや、価値観の違いを覚えるようになって、40代手前で子供1人、住宅ローンを抱えるなか退職して、40代になってから新しい仕事につきました。

 

また、前職場の同僚たちのことを話すと、10年近く共に歩んだ仲間が多く、30代・40代の働き盛りばかりでした。

 

しかし、皆しっかり仕事はしているものの、 「仕事を辞めたい!」と吐露する人がとても多かったんです。

 

しかも、基本的に、 今の仕事に対してのモチベーションが下がり、やる気がなくなっている人ばかりでした。

 

でも、それはどうしてなんでしょうか?

 

働き盛りで、家族を養ったり、将来の貯金を蓄えたり、頑張らなければいけない責任世代。

 

それなのに、

  • 仕事を辞めたいと言う
  • 仕事のやる気がなくなってしまう

といったように、とても不安定なんです。

 

そんな40代に何が起きているのでしょうか?ここでじっくり解説していきます。

 

40代になると人生を通して仕事に悩む

40代になると人生を通して仕事に悩む

40代になると、仕事を始めてから20年近く経ちます。

 

いろんな社会経験を経て、初めの頃とは違った仕事への価値観や考え方を持ちはじめます。

 

そうなってくると、

  • 今の仕事への違和感を覚える
  • 仕事のやりがいについて考え始める
  • 一生今の仕事を続けるのか疑問を感じる
  • 将来の展望を意識し始める

といった、モヤっとした感情がたくさん出てきます。

 

なんとなく、 自分の人生本当にこのままでいいのか?

 

そう考え始めるんです。

 

40代は、働かなきゃいけない!

 

でも今の現状を変えたい!

 

そんな 葛藤があるのです。

 

そのため、 モヤモヤしたまま仕事し続けて、結果的に仕事のやる気もなくなってしまうのです。

 

40代が仕事のやる気をなくす3つの大きな原因

40代が仕事のやる気をなくす3つの大きな原因

 

仕事を辞めることが出来ない重圧で気力をなくす

40代になると、

  • 養う家族ができる
  • 住宅ローンを払っている
  • 親の面倒を見ている

など、様々な理由があり、たくさんのお金が必要になります。

 

そのため、給料が無くなると、現状が崩壊する可能性が出てくるのです。なので、 大黒柱の40代は、仕事を簡単に辞めることが出来ないのです。

 

だから、必然的に、 「自分は仕事を辞めることが出来ない」と、言い聞かせながら毎日頑張っています。

 

そのため、どんな嫌な仕事でも、どんなやりがいのない仕事でも、 我慢して働いているのです。

 

だからこそ、

  • 仕事のやる気がない
  • ただ働いているだけ

といった40代が増えてしまうのです。

 

本当に自分のやりたい仕事は何か考え出す【初心に戻る】

40代になって、もう一回仕事について色々考え始めます。

 

いわゆる、人生の節目というやつです。

 

自分は、

  • このまま、今の仕事を続けていくのか?
  • これって本当に、自分がやりたい仕事なのか?

そんな疑問を持つようになります。

 

仕事を始めた10代・20代の頃は、お金が欲しい!土日休みが欲しい!など、自分都合で簡単に会社を選んでいたと思います。

 

しかし、 年齢を重ね、仕事の価値観・生活環境が変わってくると、今の仕事がなんとなく合わないと感じることもあるんです。

 

そういった 合わない仕事をダラダラ続けていると、仕事もやる気が無くなってしまうんです。

 

新しい事にチャレンジをしたくなる

40代になり、社会経験を20年くらい続けてくると、 仕事もマンネリ化してきます。

 

その長い社会経験の中で、

  • 今の会社では、今後どんなに頑張っても、給料も役職もほとんど変わらない
  • 会社としての成長が全くない

など、将来を考えた時に、不安になります。

 

それどころか、夢がないとさえ感じます。

 

何一つ変わらない現状があるからです。

 

例えば、

  • 高級車に乗りたい
  • 夢のマイホームを建てたい
  • ギリギリの生活を抜け出したい
  • もっと趣味を楽しみたい

など、もっといい幸せがあるんじゃないかと思い始めます。

 

でも、 今の仕事では、これ以下もなければ、これ以上もありません。

 

そこで、思い切って、 新しい事にチャレンジして、今を変えたいと思うようにもなります。

 

そうすると、 今の仕事から気持ちが離れて、仕事のやる気もなくなっていきます。

 

ちなみに、40代になると、独立したり、スキルを活かして転職したり、思いがけない大きな行動を起こす人は、こういった心理があるのです。

 

40代の仕事のやる気を復活させる方法

40代の仕事のやる気を復活させる方法

40代になると、今の現状を、自分の人生を通して悩む事にあります。

 

そのため、 現状に満足がいかずに、不安定になっている状態なんです。なので、その満足していない現状を克服する必要があります。

 

しかし、どうすればいいのでしょうか?

 

答えは、 吹っ切れることです。

 

何かと考えては、モヤモヤした毎日をおくっています。

 

自分の人生をどうするのかしっかり考えて、こうすると決めたら、もうその道を疑わずにまっすぐ進みましょう。

 

例えば、

  • もうこの会社で一生頑張る(生活は現状維持)
  • 思い切って転職して、新しい道にチャレンジする(もっと余裕のある生活を目指す)

この2択になります。

 

あなたはどっちの道に進みますか?

 

考え方次第です。

 

どちらでも、やり方次第では十分に幸せな人生をおくれると思いますよ。

 

【転職は希望】過去を清算して一から再起する方法

【転職は希望】過去を清算して一から再起する方法

40代になって、モヤモヤしているなら、 思い切って転職して再起をかけるのも良いと思います。

 

個人的には、転職をおすすめしています。

 

なぜなら、 今の自分を変えるには、一番手っ取り早く、効果も出るからです。

 

このまま今の会社に勤めて頑張ったところで、見える将来は所詮手の届く範囲です。いわゆる、平凡な人生です。

 

また、 会社で積み上げた散々たる過去を、一気に清算できてしまうのも転職のいいところです。

 

新しい仕事に就けば、また一から自分の色を出していけます。もう一度人生をやり直す気持ちで、挑戦できるのです。

 

人生経験のあるあなたなら、若気の至りはもう起こさないでしょう。

 

そのため、新しい職場では、今までの経験を活かして、光り輝く自分になれる可能性を十分に秘めています。

 

そして、

  • 自分の好きな仕事に出会える
  • やりがいのある仕事に出会える
  • 今より給料が上がる
  • 今より給料は下がったけど、ストレスのない仕事だから満足

といった、いろんな満足に出会えると思いますよ。

 

自分自身も、仕事を辞めて、転職活動しているときは、若い頃に感じなかったワクワク感がありました。

 

いろんな職種があり、自分の働いている姿を想像しては、いろんな希望を膨らませていました。とても楽しかったです。

 

40代になると、日常の中でワクワクしたり、テンション上がったりすることってあまりありませんよね。でも、転職活動が、自分をそういった気持ちにさせてくれました。

 

まとめ

40代は人生の節目!いろいろ考える年代です。

 

今の自分は本当にこれでいいのか?そんな人生観を考えては、悩ましい日々を送っています。

 

だからこそ、

  • 現状維持なのか?
  • 新しいチャレンジするのか?

まずは自分を知って、これからどうしていくのか人生を決める大きな行動に出ましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
sugita

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 転職コミット , 2019 All Rights Reserved.